アコムへの審査申し込みはまずは書類審査と申込み時に記入のあった個人情報を確かめるのは免許証や本人確認の電話です。

そして勤務先情報を確かめるのは在籍確認ということになります。

これらのステップを通過して始めて融資が実行される流れとなります。

こうして書くと難しい内容な気がしますが、アコムなどの消費者金融の審査の内容は、普通に勤務していて、過去にブラックや債務整理などをしていなければ、ほとんどの方が無事に借り入れできる簡単な内容の審査になっていますので、ご安心ください。

職場へ直接電話がかかってくる在籍確認の審査ですが、例外もあります。職場の環境によっては事情も違いますので、電話をして欲しくないという方も少なくありません。

勤務先情報に?偽りはないので、在籍を確かめるのはまったく問題はないが、職場への電話はできれば避けたいという方です。

例えば、私用電話として受け付けてもらえないこともあるかもしれません。また、小さい会社だとすぐに怪しい電話として、変な噂が立つかもしれません。
そういうことがあるので、一応代替案が用意されてあります。電話以外で在籍を確かめる事が出来れば良いのです。

例えば、直近の給与明細や、社員証、会社の健康保険証など。どれも現在勤めているかを確認できるものです。それらを提示する事でクリアになります。
ただ、この方法は、相談の事情内容にもよりますし、それまでの審査の状況によっても、電話連絡は避けられないという場合もあります。

通常、在籍確認の電話は、消費者金融を名乗ってかけてくる事は無いので、会社で電話を受け取った方が、金融会社からの利用確認の電話があった事を知る、ということはないと考えられますが、それでも同僚に知られたという報告もあるようです。

誰にも知られずにお金を借りたいという、心配性な方は、やはり電話ではない方法で在籍確認を希望してもらえたらと思うのが自然です。
最初からあるサービスだと勘違いして、在籍確認の電話なしをお願いしなくても、職場に電話はかかってこないというわけにはいかないです。

丁寧に会社の状況を伝えることが大事です。そして初めて書類のみの先ほどの代替案を提示してもらえます。

会社の上司にバレたくない、社内の査定などがあるサラリーマン、フリーターやアルバイトで転々としてる方などはぜひこの借り入れ方法で申し込みをしてみるといいと思います。

消費者金融の審査では独自に行う審査とは別に信用情報機関で情報を得て行う審査もあります。
申し込みされたお客様が過去に利用された金融サービスがあるか、その利用履歴はどうだったかを知るために必要な情報を提供してくれる機関が信用情報機関です。その代表が「JICC」や「CIC」などです。こちらの履歴の保存期間は5年ですので、5年までの利用履歴を確認することができますが、その履歴の情報に引っかかるところがなければ問題ありませんが、例えば、過去にカードローンやクレジットカードなどの返済が数ヶ月遅れていたりとかの場合は、その履歴で判断され、審査を通らないという結果にもなります。また、携帯電話の月々の支払い履歴も残っています。携帯電話に関しては、月々の通話料とは別に、本体に関しては2年間で完済する分割払いになっているので、返済の遅れは通話が出来なくなるだけではなく、新規での金融業者への申し込みの審査に影響するということになります。これは消費者金融だけでなく、クレジットカードや銀行カードローンなどにも影響あるので気を付けましょう。